ダサいを解決!ポロシャツの「無難」な選び方&着方のヒント

普段着にポロシャツを愛用している人って多いですよね。最近はクールビズの流れでサラリーマンが仕事で着ているのも違和感がなくなりました。

ポロシャツは着心地がよくて、着回しができて、それに手入れも楽なので、僕も深く考えずによく着ていましたが、ある時の飲み会で女の子たちにダサい!超ダサダサ!と大合唱されてしまいました。

そんなことから、オシャレ好きなイケメン?後輩たちの助けを借りて、僕に欠けていたポロシャツの「無難」な選び方や着方(着こなし方)の知識を補いました。

ここでは僕と同じようにファッションが苦手なアラフォー以上のオッサン向けにそのヒントを紹介します。ポロシャツというのは案外奥深いというか難しいものでした。

※あくまでも「無難さ」を目指したものです。

ポロシャツの無難な選び方

肝心なのはサイズ!ジャストサイズで!

ポロシャツを着た姿が、オシャレに見えるか、野暮ったくてダサく見えるかは、ポロシャツのサイズが重要なポイントです。

ポロシャツは気温の高い季節に着るので、ゆったりめのものを選びたくなりますが、自分の体(胸辺り)にぴったり合ったジャストサイズのものか、少し小さめ(ちょっとタイト)のもので、自分の肩幅とほぼ同じくらいのものを選んだ方がいいです。

僕はゆったりめを愛用してましたが、それだと丈が長くて、身幅が広く、肩が落ちてしまうので、全体にだらしなく見えていたようです。確かにダサダサです。

裾の丈にも注意

ポロシャルのカジュアルな着こなしの場合は、ポロシャツの裾はズボンの中に入れないのが一般的です。

背中の裾の方が前より長くなってポロシャツがありますが、ズボンに入れないなら、裾の長さが前と後の長さが同じものが見た目がきれいです。

また、裾丈はお尻に少しかかる程度が無難です。丈は長すぎても短すぎてもダサく見えてしまいます。

持っておきたい定番の色

ポロシャツの色で迷った場合は、とりあえずは「白」「黒」「紺(ネイビー)」を選ぶと
失敗が少なく無難で、コーディネートもやりやすいです。

これらの色でも、全く無地のものだと全体がノッペリした印象になって地味です。特に白はオッサン臭くなります。そこで、襟や袖口にアクセントになるラインが入っているものを選ぶとオシャレ感が出ます。ただ、胸の部分にメーカーやブランドのロゴが入っているものは、ファッションに詳しくなければ避けた方が無難です。

 こんな点にも注意!

  • 胸にポケットが付いているポロシャツは、ビジネス用なので普段着や学生には適しません。
  • 腕が細い人は、袖の先が細く(狭く)なっているポロシャツを避けた方がいいです。
  • 長袖のポロシャツは年長者向けの印象です。野暮ったくなるので避けた方が無難です。

ポロシャツの「無難」な着方(着こなし方)

ボタンは全部閉じない


ポロシャツにはボタンが2~4個ついていますが、開けるか閉めるかで 随分印象が変わります。

ポロシャツのデザインや全体のコーディネートによっては全部閉めても問題ありませんが、僕のようなファッションが苦手な人は、一番上のボタン(第一ボタン)だけを開けておいた方が無難です。堅苦しさやだらしなさがなく、程々にスタイリッシュな感じになります。

ただ、全開はやめておきましょう。

裾はズボンに入れない

先にも触れましたが、カジュアルな場面ではポロシャツの裾はズボンの中に入れないで、外に出しておく方が無難です。

襟は立てない方が無難

ポロシャツならではの着こなしポイントとして、「襟立て」(襟を立てるか立てないか)ということがあります。アラフォー以上の世代だと、襟は立てるのが当たり前と思っている人も少なくないと思います(僕もそうでした)。

襟を立てると、首元に動きが出てオシャレに見えますが、人の体型や雰囲気によって、襟り立てが似合う似合わない、イケてるかダサいかが、ハッキリ出ますので、必ずしも立てないといけないものではありません。オシャレな人でも似合わない人が襟を立ていると、全体にダサく見えてしまいます。本当に紙一重です。

このため、ファッションが苦手な人は、ポロシャツの襟は立てない方が無難です。

もし襟を立てる場合は、襟がヨレヨレだと野暮ったくなりますので、糊付けしてアイロンがけするなど、しっかりと立たせることが大切です。

インナーに注意

ポロシャツの首元や袖口から中に着たもの(インナー)がのぞいているとダサく見えます。

ファッションとしてわざとインナーを見せる着こなしも有りますが、自信が無い場合は、ポロシャツの下には、VネックのTシャツやタンクトップを着て、首元と襟からインナーが出ない(見えない)ようにした方が無難です。裾の方は多少見えてもそれほど変ではありません。

また、素肌に直接ポロシャツを着る場合は、乳首や肌が透けたりしないように注意してください。特に白など薄い色のポロシャツは、雨に濡れたり、汗をかいたりすると透けやすいです。

こんな点にも注意!

  • ナイキやアディダスといった、有名スポーツブランドのロゴが入ったポロシャツや明らかなゴルフウエアと分かるポロシャツを、カジュアルな場面で着ているとダサく見えてしまいます。場に応じたものを着るようにしましょう。

今回はポロシャツの「無難」な選び方や着方(着こなし方)についての知識を補いました。

ポロシャツは取り扱いが楽で、カジュアルから上品なキッチリめまで、いろいろ着回せて使い勝手がいいのですが、選び方や着方によって、オシャレとダサいがハッキリ出てしまうという難しい面があります。しかし、上記のようなちょっとしたことに気を付けると、ファッションが苦手な人でも無難に着こなせます。参考にしてみてください。