ファッション用語「テレコ」とか「ランダムテレコ」って何?

ファッション雑誌や通販サイトには専門用語が普通に使われていますが、イマイチよく分らないものが少なくありませんが、今回はそんな用語の中から「テレコ」を取り上げました。

「テレコ素材」とか「テレコ生地」、「ランダムテレコ」といった風に使われています。このテレコとは何なのか、知識を補っておきましょう。

「テレコ(素材)」とは?

「テレコ」は、生地の素材(材質)のことでなくて、「リブ編み」という生地の”編み方”のことをいいます。

実際の商品紹介などでは、「テレコ編み」で編まれた生地を「テレコ素材」「テレコ生地」、あるいは、単に「テレコ」と書いてある場合が多いです。

この「テレコ」は、Tシャツなど薄い生地の襟首の部分や、Tシャツやカットソー、タンクトップ、セーターなどによく使われています。

ちなみに、この「テレコ」という言葉、特に関西の人は馴染みがありませんか。「互い違い、あべこべ」を表すときに「てれこ」と言いますよね。例えば、「げげっ!封筒の中身を”てれこ”に入れてしもた!どないしよ!!」といった具合にです。生地の編み方の「テレコ(素材)」は、これに由来しています。

「テレコ素材」の特徴は?

テレコ素材が「てれこ」なのは、生地面の凹凸が裏と表で互い違いになっているからです。

テレコの生地面は凹凸していて、凸に部分が筋状に浮き上がって、ストライプ(縦縞)模様のようにみえます。この縦縞の筋が、裏と表に同じ数だけ互い違いに出ています。

通常のテレコ素材は同じ幅の「筋」が均等に並んでいますが、いろいろ幅の「筋」を不規則に組み合わせて、模様のようにしたものを、特に「ランダムテレコ(素材)」とよびます。

テレコ素材は、肌触りがよく、伸縮性に優れていて身体にピッタリします。同じ色のTシャツでも、テレコ素材の方には凹凸した立体的な表情があるので、生地の表面が平らな普通の生地のものよりも、品のあるキレイめな見た目になります。

今回はファッション用語でよくみかける「テレコ(素材)」について知識を補いました。

言葉を知らないだけで、あなたが持っている服のなかにおそらくテレコのものがあると思います。テレコ素材、なかでも特にデザイン性があるランダムテレコを使った服は、ファッションが苦手な人でも無難にオシャレな感じに着られて、しかも着心地もいいのでおすすめです。