よく見かけるファッション用語「フライス(素材)」とは?

ファッション雑誌や通販サイトの商品説明で溢れている「?」な用語のなかから、今回は「フライス」という言葉を取り上げます。これもよく使われているので、知識を補っておきましょう。

フライスとは?生地の「編み方」のこと

「フライス」はよく「フライス素材」とか「フライス地」といった使われ方をされているので、生地の材質(素材)の種類かなと思ってしまいますが、実は「フライス編み」という生地の「編み方」の一種のことです。「リブ編み」とも言われます。

商品説明に「フライス(素材/地)」とある場合は、フライス編みで作った生地のことを指しています。

フライスの特徴は?

フライス編みの生地には、つぎのような特徴があります。

  • 横方向への伸縮性に優れています。
  • 表裏とも同じ編み目で、生地に裏表がありません。
  • 生地の端が丸まりにくい(”耳まくれし”にくい)です。
  • 若干厚みがあります。

生地が横へぐっと伸びるので、Tシャツの襟、ポロシャツやセーターの袖口、裾の部分によく使われていますし、下着、細身のデザインのTシャツやカットソー、セーター、カーディガンの生地に多く採用されています。

フライスは体に締め付け感ないのに、ぴったりフィットするので、着心地がいいですが、良くも悪くも身体の線が出ます。鍛えた筋肉をアピールしたいときはピッタリですが、逆に体型を隠したい人という人には不向きです。

今回は「フライス」というファッション用語の知識を補いました。フライスは生地に編み方の一種です。言葉に馴染みが無くても、その編み方で作られた生地は身近なものです。