ファッションが苦手な人は知っておいて損なし!無難な色のコーディネート術!すぐに使える!

ファッションは服の色柄や素材、型の組み合わせ、つまりコーディネートが重要ですが、なかでも、色柄のコーディネートは組み合わせ方ひとつで、ダサく見えたり、オシャレに見えたりとあなたの印象に大きく影響します。

でも、どう組み合わせるといいのか、分からない人という人も多いのではないでしょうか。僕も大の苦手です。

服装のコーディネートの方法や技術については、本とかインターネットをみると、いろいろ語られていますが、けっこうややこしいです。

そこで、僕のようなファッションが苦手な人やセンスに自信が無い人でも、すぐに活用できる無難にまとまる色のコーディネート術(方法)を紹介します。

「無彩色」で無難コーディネート術

無彩色とは?

色のコーディネートを無難にまとめるには「無彩色」を取り入れます。

無彩色とは、白と黒、その中間の灰色(グレー)の3色を指します。色味がない、彩度ゼロの色といった意味です。

この無彩色の特徴は、他のどんな色とも相性が良い(合う)ことです。このため、服装を考えるときに、この無彩色を取り入れることで、全体が無難にまとまりやすくなります。実際に僕は取り入れていますが、これは確かですよ。

ポイントは「全体は2~3色でまとめる」こと!


無彩色を取り入れても、服装全体で色を使い過ぎると逆効果です。全体の色は、無彩色を入れて2~3色程度に抑えてコーディネートすることがポイントです。そうすることで、確実に無難ですし、上の写真のように場合によってはオシャレ感も出せますよ。

無彩色は2色以上でも1色とみなします。

白、黒、グレーを2色以上使っても無彩色は1色と数えます。

柄物は1色と数えます。

柄物のシャツなどで柄に複数の色が使われているものがありますが、それは1色と数えます。

※柄物を着るときは、慣れないうちは1点にしておきましょう。その方が無難。

できれば小物も入れて考えるとなお無難。

服やズボンだけでなく、できれば靴や帽子、マフラーなども小物を含めて色数を考える(数える)とより無難です。


今回は無難な服装のコーディネート術として「無彩色」を取り入れるという方法の知識を補いました。店で展示されているマネキンの服装や、通販のモデル写真なんかを意識して見ると、無彩色を取り入れたものが多いです。難しくはないので、コーディネートに悩んだときは、参考にしてみてください。ただ、コーディネートがまとまっていても、ファッションには清潔感も大切です。特に無彩色は汚れが目立ちやすいので注意しましょう。