簡単で無難!服装で低い身長をカバーする3つの工夫!

身長が低いという小柄な体型を服装でカバーしたいときは、ちょっとの工夫で実際よりも高く錯覚を誘うようにできます。

ここでは、ファッションが苦手なあなたでも無難にできる低い身長をカバーする服装の3つの工夫(方法)を紹介します。

上半身はジャストサイズで!

低身長をカバーする服装の工夫その1は、上半身の服(トップス)は、自分の体型とちょうど合った”ジャストサイズ”にすることです。

身長が低いからといって、大きめでダボダボのトップスを着ると、上半身の面積が広くなるので、余計に背が低く見えて、足も短く見えてしまい逆効果です。

そして、上から羽織るジャケットなどの上着も丈が短いものにして、上半身はできるだけコンパクトにまとめることがコツです。

ベルトの位置を高めに!

低身長をカバーする服装の工夫その2は、ベルトをウエストの高めの位置で締めるようにすることです。意外とこれだけでも背が高く見えます。ただ高すぎては駄目です。

ベルトには上半身と下半身を区切って見せる役割もあります。ジーンズなどを腰ばきすると、足が短く見えて、全体のバランスが悪く、余計に背が低く見せてしまいますので、やめた方が無難です。

ズボンと靴の色を合わせる!

低身長をカバーする服装の工夫その3は、ズボン(パンツ)の色と靴の色を同じものにすることです。そうすることによって、足元が一体化して足が長くみえて身長も高くみえます。

今回は、低い身長を服装でカバーする3つの工夫(方法)について知識を補いました。

3つとも簡単にできることなので、服装選びの参考にしてみてください。ファッションは自分をよく見せる(魅せる)こと。身長を伸ばすことはできませんが、低くても見せ方次第ですよ。