誰も教えてくれないファッション用語「カットソー」って何?

いつの頃からか「カットソー」という用語が、服屋の店頭やファッション雑誌、通販サイトなどで、当たり前のように使われています。普段の会話でも聞くこともあるので、ファッション用語のなかではかなり一般に普及している方の用語だと思います。

でも、実際のところカットソーって何なのか、イマイチよく知らない人も多いのではないでしょうか。僕は漠然とTシャツの上位版・高級版だとイメージしていました。昔、服売り場の店員に尋ねたら、曖昧ですがそんな風な回答だったので。

そこで、個人的にカットソーとはどういうものをいうのか、ずっと気になっていたので、ここで確認しておきたいと思います。

本来の「カットソー」とは?

「カットソー」とは、「cut and sewn=裁断と縫製」に由来していて、本来は編物の生地を裁断、縫製して作った衣類のことをいいます。

服の生地(布地)の種類には、大きく「織物」と「編物」があります。

  • 「織物」:縦糸と横糸を直角に組み合わせて織り上げた布。
  • 「編物」:1本の糸で輪を作り、その輪を連続させて作った布。

カットソーは、同じ編物でセーターのように糸から編み上げて全体の形を作る衣類と区別した呼び方です。カットソーは生地を裁断して縫製するので、縫い合わせの部分があることが特徴になります。

この本来の意味では、Tシャツに限らず、ポロシャツ、スーツ、スウェット、下着、靴下など上衣や下衣、下着に関係なく、編物生地を切って縫い合わせたものはすべてカットソーということになります。

ファッション用語としての「カットソー」

しかし、服屋の売り場やファッション雑誌、通販サイトで使われている「カットソー」は、意味が狭くなって、カットソー(編物生地)で、前面や後部が開かない、頭から被って着る編物生地のトップス(上衣)のことを指します。要はTシャツ風の衣類です。

普通のTシャツもカットソーに入りますが、「カットソー」と言う場合は特に、デザインや柄、素材が凝ったものを指すことが多いです。

このため、カットソー=Tシャツの上位版・高級版というイメージはあながち間違ってはいませんが、Tシャツとの区別は非常に曖昧です。明らかに普通のTシャツをカットソーといっている店もありますので、必ずしも上位版とは限りません(値段は普通のTシャツよりも高めの印象)。

今回は「カットソー」についての知識を補いました。本来の意味からはかなり狭くなっていますが、「カットソー」とは漠然と「Tシャツ風の上衣」と考えておいて大丈夫です。