「アウター」「インナー」の意味は一体ナニ?曖昧なファッション用語

服屋の売り場、あるいはファッション雑誌や通販サイトで、「アウター」「インナー」という言葉をよく目にすると思います。まるで客や読者が知ってて当たり前という前提のように使われています。

なんとなく「out」と「in」のイメージで、分かっているつもりになりやすいですが、調べてみると、使う人によって意味するものが違う可能性がある曖昧な言葉だったんです。そのせいで僕も混乱していました。

そこで、「アウター」「インナー」の意味を、あらためてその意味を確認しておきたいと思います。

「アウター」とは?

「アウター」とは、英語の「outerwear(アウターウェア)」の略で、もともとは体の外側に着る衣服という意味です。

体の一番外側になる衣服ということなので、厳密にいうと、ズボンなど下衣(ボトムス)も含まれますが、ファッション用語としては上衣(トップス)についてのみ使います。

例えば、Tシャツやタンクトップのうえ、または素肌のうえに、シャツやセーターを着て外出する場合は、そのシャツやセーターがアウターとなります。

しかし、実際には「アウター」と言う場合は、シャツやセーターの上から羽織るコートやジャケット、ブルゾンといった、いわゆる「上着」を指すことが多くみられます。シャツやセーターは「トップス」と分類されます。

ただ、上着でもパーカーやカーディガンなど、一番外側にならない着方もできるものについては、アウターに含んだり含まなかったりと、店や人によってバラバラです。

「インナー」とは?

「インナー」は、英語の「innerwear(インナーウエア)」の略で、内側に着る衣服を指します。実際には「内側に着る」という解釈の仕方によって、次の2つの意味で使われています。

素肌の上に直に着る肌着や下着のこと(=アンダーウエア)

例えば「ワイシャツにインナーが透けていると不格好です」

ジャケットやブルゾンなど上着(アウター)の内側に着る衣服のこと。

例えば「ジャケットのインナーにポロシャツを活用する」

「インナー」は上の両方の意味でもよく使われていて、「アウター」よりも曖昧でスッキリしません。例えば、ユニクロでは「インナー」を下着の意味で使っています。こうなると、もう状況や文脈で判断するしかありません。

今回は曖昧な「アウター」「インナー」という言葉(用語)の知識を補いました。

ファッション関係は多分にイメージ重視なので、特にカタカナの言葉を取り入れて使いまくっている割には、定義がしっかりしていなかったり、本来の意味からかけ離れていたりするので注意しないといけません。個人的には日本語の乱れだと思いますが、ファッションが苦手な人でも分かりやすい言葉を使ってほしいものですね。