「トップス」「ボトムス」の意味は?知ってるつもりのファッション用語

ファッション雑誌や通販サイトでは、普段使わないような独特の用語がいろいろ使われていて、とっつきにくい面がありますよね。僕のようなファッションが苦手な人はなおさらだと思います。

その用語のなかには、誰から習った訳ではないので、何となく知ってるつもりになっているものも少なくありません。なかでも、頻繁に使われている「トップス」「ボトムス」という言葉もそうではないでしょうか。それぞれどんな意味なのか、確認しておきたいと思います。

「トップス」とは?

「トップス」は上半身に着る衣服(=上衣)のことです。英語の「top」の複数形(tops)に由来します。

広い意味では上衣全般、例えばジャケットやコート、カーディガンといった上着から、セーター、シャツ、カットソー、そして肌着(下着)まで全部を含みます。

しかし、実際のファッション用語では、肌着(下着)は含めないことが多いですが、コートやジャケットなど服の上から羽織る「上着」(一番外側になる上着=「アウター」)については、用語を使う人によって、含めたり含めなかったりと曖昧です。

また、トップスはそれ単体でも着られる上衣という捉え方をしている場合もあります。

「ボトムス」とは?

上半身の「トップス」に対して、下半身に着るものが「ボトムス」です。例えば、スラックスやチノパン、ジーンズ、短パンといった、いわゆるズボン系の下衣のことです。英語の「bottom」の複数形(bottoms)に由来します。

広い意味では下着まで含みますが、実際は下着は別とする場合がほとんどです。ボトムスはトップスに比べると曖昧さが少ないです。

今回は、「トップス」「ボトムス」という用語の知識を補いました。

これらは、服屋の店員によっては客に対して普通に使ってきます。トップスは上記のように意味合いが曖昧なので、店員のいうところの意味が何なのかに注意です。もし不明なら知ったふりをしないで、遠慮なく尋ねましょう。恥ずかしくないです。あと「アウター」「インナー」と言う言葉もよく使ってくるので、あわせて確認しておいた方がいいですよ。